PMS対策はとっても重要|女性の不愉快を抑える治療

女性特有の症状

胸を押さえる人

症状の原因は

PMSとは、女性にしかない症状であり、通称月経前症候群という病名です。なぜPMSが起こるのかというと、PMSはホルモンのバランスが変化で起きます。通常女性の体はエストロゲンとプロゲステロンの二種類から成り立っています。しかし、生理前になると、この二種類のバランスが変化するために体に不調が起きます、不調とは、いらいらしたり、だるくなったり、涙もろくもろくなったりといった症状がでます。また、身体面では、疲れやすくなったり、乳房がはったり、おなかが痛くなったりします。こういった症状がPMSです。PMSがひどい方は、めまいが起きたり、仕事などにいけないほど辛かったり、寝込んだりしてしまいます。生活に支障が出てしまうため、早めに対策すべき病気だといえるでしょう。

症状改善法

では、PMS少しでも軽くするためにはどうしたらよいのでしょうか。まず、自分でできる症状改善法としては、ストレスをためないことや、お酒やカフェインなどの刺激の強い飲み物を控えることが重要です。それから生理前と生理中はできるだけ睡眠時間を確保したり、適度に運動したりすることが重要です。このようなことをしても症状が改善されない方は、婦人科などに行くことがおすすめです。最近ではPMSに対する様々な治療法があります。薬に頼らない栄養療法という療法もあります。この療法は食生活の見直しと、その食生活では補えない食品をサプリメントとして処方してくれるのです。また、この治療法以外にも漢方やピルといった治療法もあり、すぐにでも症状に対する対策を行なえるようになっているのです。

Copyright © 2016 PMS対策はとっても重要|女性の不愉快を抑える治療 All Rights Reserved.